ログイン マイページ
0 カート

土佐の逸品

高知県民がお酒好きなのは、お酒に合うアテが豊富だからなのか。アテが豊富だからお酒が好きなのか。

高知といえば「ちゃんばら貝」。この食感がクセになる。

一般的には「マガキ貝」と呼ばれ、貝のふたの役目となる部分が先のとがった刀のような形をしており、生きているときはそれを振り回しているように見えることから「ちゃんばら貝」となったようです。上町池澤本店では、新鮮なちゃんばら貝をシンプルに塩ゆで。それが一番貝のうま味が感じられるおいしい食べ方です。つまようじなどで身を引き出してお召し上がりください。

詳しく見る

高知の2大たたきのひとつ「うつぼのたたき」。

うつぼを食するのは四国と和歌山県の一部と言われておりますが、漁師泣かせの凶暴な見た目と行動で嫌われ者でした。しかし食べてみると何とも言えないおいしさ。肉厚なのに柔らかい身は高品質な鶏肉に似ており、ゼラチン質から濃厚なうま味があふれ出る独特の風味を持った魚です。
上町池澤本店では、うつぼをたたきにして自家製ぽん酢でさっぱりとお召し上がりいただくのをおススメします。コラーゲンたっぷりなので女性にもおススメです。

詳しく見る

高知のバーニャカウダソースと言われる、にんにく風味の「ぬた」。

にんにくの葉、味噌、酢を混ぜて作ったにんにくの香りがする土佐伝統の不思議な緑のソース。 高知では誰もが知る調味料「ぬた」です。刺身や野菜にかけたり、天ぷらや冷奴につけて食べるだけでなく、おじゃこにつけたり、お鍋のポン酢かわりに使ったりと、高知の「ぬた」は色々使える万能ソース。特に高知では、冬場に旬のブリやはまちの刺身につけて食べます。
世間に出回るものには大葉とにんにくと着色料で作られた「ぬた風調味料」が大量に出回っています。上町池澤本店はすべて原材料から選び製造している無添加・本物の「土佐ぬた」です。

詳しく見る

酒のおつまみの定番「かつおの酒盗」と「四万十海苔の佃煮」。

  • 酒盗(しゅとう)とはかつおの内臓で作った塩辛です。酒が進みすぎて盗まれたんじゃないかというほどすぐに酒がなくなってしまう。それぐらい酒に合う肴として高知ではメジャーな珍味です。臭みが強いイメージのある酒盗ですが、 丁寧に内臓を掃除し、より臭みがないさわやかな味に仕上げました。

    詳しく見る
  • 四万十川で獲れた海苔だけ、混ぜ物一切なし100%四万十海苔でつくった佃煮です。海苔の風味がまったく違います。四万十参青さのりの 風味豊かな味わいをお楽しみください。

    詳しく見る

冬だけのご馳走「寒ブリ」の魅力

冬は魚がおいしくなる季節ですが、とりわけ群を抜いておいしくなるのが寒ブリです。刺身で食べるのも最高ですが、鍋が恋しくなる季節だからこそ、さらに贅沢に『ぶりしゃぶ』でお召し上がりいただくと、その脂の甘みがより一層感じられ、刺身とは違ったおいしい料理のできあがり。
魚屋の目利きで選んだ旬の寒ブリをぜいたくに楽しめるセットをご用意しました。切り身にして照り焼きにするもよし。もちろんぶりしゃぶにするもよし。思い思いに楽しめるセットです。

そして寒ブリ好きのために『カマ』を一緒にしたセットもご準備しております。生もよし、湯がいて良し、焼いて良しの冬の寒ブリをぜひご堪能ください。

※冬季限定商品につき、現在は販売休止中です。

お酒に合う料理の宝庫。それが高知県。特に魚介料理のラインナップは全国随一!

うなぎ蒲焼

¥ 2,980 税込
並び替え
14件中 1-14件表示

上町池澤本店オリジナル商品とのお得なセット販売はコチラ